有料老人ホーム・介護施設のツクイ・サンシャイン ツクイは介護事業34年、介護付有料老人ホーム運営13年

インフルエンザ

ホーム > 特徴・取り組み > インフルエンザ

インフルエンザ

風邪の症状に加えて、38℃以上の発熱や頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が突然現れる、インフルエンザ。
たかがインフルエンザと思っている方、要注意です。
高齢者や免疫力の低下している方の場合、肺炎を伴うなど重症化することもあります。
日本では、例年12月~3月が流行シーズンです。今年もそろそろインフルエンザの季節。本格的に流行する前に、インフルエンザ対策について見直しましょう。

改めてチェック!インフルエンザの感染経路

インフルエンザは、主に咳やくしゃみ、そのときに口から発生される小さな水滴(飛沫)による感染。
日常の会話などでも、飛沫感染します。
また、鼻水などがついた手を介して感染することもあります。

● 潜むインフルエンザウイルス
インフルエンザウイルスに感染した場合、感染者全員が高熱や急性呼吸器症状を呈して、「インフルエンザ」と診断されるわけではありません。
感染者であっても、まったく症状のない(不顕性感染)の例や、感冒様症状(発熱、鼻づまりなどの風邪の症状)のみでインフルエンザウイルスに感染していることを本人も周囲も気が付かない軽症例も少なくありません。
  • 咳
  • くしゃみ
  • 会話
  • 手

インフルエンザが流行する時期には、感染を防ぐ手洗い・うがいのほか、ワクチンの接種など事前に備えることが大切です。

一般的なインフルエンザ対策
●手洗い ●手指消毒 ●うがい ●マスク ●ワクチンの接種
●温度調節(室温22℃前後、湿度50~60%)

正しい手洗いできていますか

【手洗いに始まって手洗いに終わる】
手洗いは、インフルエンザ対策の基本です。

  • 洗う
  • 拭く
  • 殺菌消毒

流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、インフルエンザに限らず接触や飛沫感染などを感染経路とする感染症の対策の基本です。
インフルエンザウイルスはアルコールによる消毒でも効果が高いですから、アルコール製剤による手指衛生も効果があります。

見直してみましょう「正しい手洗い」チェックポイント

チェックポイント
  • 手を洗うときは、時計や指輪をはずしていますか?
  • 爪は短く切ってありますか?
  • 固形石けんではなく、液体石けんを使っていますか?
  • 共有のタオルではなく、使い捨てのペーパータオルを使っていますか?
  • 洗ったあと、手を完全に乾かしていますか?
  • 汚れが残りやすい部分まで注意して洗えていますか?

汚れが残りやすい場所は念入りに!
  • 指先、爪の間
  • 指の間
  • 親指の付け根
  • 手首
  • 手のしわ

見直してみましょう「正しい手洗い」チェックポイント

咳やくしゃみなど、風邪のような症状がある時にはマスクを着用しましょう。
また、あなたのこんな気遣いが、感染の拡大を防ぎます。

  • マスクは正しく使う
    鼻の上からあごまで覆う。
    フィルター効率の良いサージカルマスクを用意。
    マスクを捨てるときは、耳にかけてあるヒモから外し、口の部分は触らないようにする。
  • 口と鼻をおさえる
    周囲にかからないよう、ティッシュなどで口と鼻を覆う。
  • すぐに捨てる
    ティッシュはすぐにゴミ箱へ。
  • 人に向けない
    咳が止まらないときは、他の人から離れましょう。

見直してみましょう「正しい手洗い」チェックポイント

口は身体の入り口。
細菌やウイルスの侵入を防ぐ働きをしています。
口の中をきれいに保ち、防御機能を高めましょう。

口腔ケアには、口腔の「清掃を中心とするケア」と「機能訓練を中心とするケア」があります。
目的はそれぞれ「口腔内を清潔に保つこと」と「口腔機能を維持・向上すること」です。

また、口腔機能は、食べることやコミュニケーションにかかわる重要な役割を果たします。
口腔機能が低下すると食物の種類が制限されるので、免疫力の低下から病気にかかりやすくなります。

口や歯が健康だと、
食欲が出ます。

食べることで、
免疫力もアップ!

「口腔ケア」については、ツクイ・サンシャインピックアップの後半に詳しくまとめました。どうぞ最後までご覧ください。

ツクイ・サンシャイン
「ピックアップ!」

ツクイ・サンシャインのインフルエンザ対策は、大きくわけて2つ。「飛沫感染予防」と「口腔ケア」です。

「飛沫感染予防」

すべての施設で徹底して予防しています。

お客様、ご家族、職員ともに手洗い・うがい・消毒を実施します。
  • さらに徹底させるように、ご来館のお客様には、うがい薬入り紙コップを直接手渡ししているところもあります。
  • 施設ごとに場所は異なりますが、この時期、ご来館の小学生等の小さなお子様は、居室に訪問するのではなく、1階のロビー等で楽しく団らんすることにしています。

ツクイ・サンシャイン杉並のエントランス杉並

加湿器を使用。規模によっては大型のものへ変更。乾燥を防ぎます。

空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。
乾燥は大敵です。常に適切な湿度(50~60%)を保ちます。

  • お客様の居室にも加湿器の設置を促し、施設全体で予防のバリアを張っています。
  • フィルター清掃も定期的に行っています。

ツクイ・サンシャイン横浜戸塚のエントランス 横浜戸塚

職員は年間を通じ、出勤時に検温し、自己の体調管理と拡大防止に努めています。

測定後はチェック表に記入。職員玄関にアルコール消毒を設置しています。10月、11月ごろから、職員はマスクを着用。ウイルスブロッカーをさげる施設もあります。

  • 菌を持ち込まない、持ち出さないように、施設内でユニフォームの洗濯をしています。

換気を徹底して行います。

せまくて換気の悪い部屋などでは、比較的長くウイルスが浮遊することもあります。
換気時間を設定し、ウイルスを外に排出します。

ツクイ・サンシャイン町田西館の理美容室の窓 町田西館

手すり、テーブルなど、手が触れる場所を消毒します。

環境員が中心となり、定期的に拭き掃除をし、消毒しています。

  • 足元からもブロック。殺菌処理用足踏マットを設置します。
  • お客様の出入りが多い場所に、除菌装置を設置。プラスの効果を発揮しています。

ツクイ・サンシャイン横浜野毛の食堂横浜野毛

研修を実施し、全職員が同じ知識を共有します。

毎年、各施設でインフルエンザの蔓延防止の研修を行っています。

  • そのほか、感染委員会を設置、+アルファの対応を話し合ったり、保健所・厚生省発信の週報等により、動向をタイムリーに更新、周知・掲示して職員・お客様・ご家族へ傾向と対策を啓発しています。
  • 栄養ケアマネジメントを導入し、食事面からもサポートしています。

ツクイ・サンシャイン足立の研修風景 足立

「口腔ケア」

今回、各施設から「口腔体操」をはじめ、さまざまな資料を取り寄せました。
各施設の取り組みは少しずつ違います。
それぞれの地域に施設があり、そこにいるお客様も違う結果です。
そこには、それぞれの良さを持つ「ツクイ・サンシャイン」がありました。
次に、各施設の情報をもとに、取り組みをご紹介します。

食前に口腔体操

口腔体操をご存知ですか? 一部ご紹介します。

  • 深呼吸普段しているようでしていないものではないでしょうか。

  • 肩上げ意外と力を使います。

  • 頬運動シェイプアップにも効果があるかもしれません。

  • 発声練習声を出すのは気持ちがいいので、美味しいごはんがいただけます。

  • POINT!
  • 『口腔ケアのタイミング』
  • 1. 起床時 うがいだけでも効果大
  • 2. 朝食後
  • 3. 昼食後
  • 4. 夕食後(就寝前) 特にきれいに磨く
  • タイトルは「健口体操」。口の健康を目指しましょう。松山
  • 張り紙でみんながわかりやすいようにしています。三浦
  • 朝昼晩、体操の内容を変えています。守山
  • アップデート中のところも。
    さらに良くなるように常に見直しています。足立
  • 「毎日コツコツが大切です」。口腔体操をしていなかったみなさんも、これを機に、ぜひ食事の前に口腔体操を。町田東館
  • 口だけでなく、体操も大切。上半身を動かせるなら、動かしてみることも大切。岡谷
  • ST(言語聴覚士)が中心となり、介護職員への指導や助言を徹底して行っています。大東

ツクイ・サンシャイン松山の資料

ツクイ・サンシャイン三浦の張り紙

  • カラオケ機器を使って、口腔体操を実施することも。古河あかやま

ツクイ・サンシャイン古河あかやまの機器

  • 食堂までの移動時間を使っています。御殿場
  • エレベーター内に「ヒント」が貼ってあります。「今日の歌は何でしょう?」
  • 食堂で答えを発表します。
  • 「今日の歌」を歌って、口を動かします。楽しい食事前の楽しいひとときです。
  • こちらは、ツクイ・サンシャイン新倉敷の様子です。職員が中心になり、大きな声で口腔体操をしています。新倉敷
  • ツクイ・サンシャイン横浜戸塚

    ツクイ・サンシャイン横浜戸塚
    横浜戸塚

  • ツクイ・サンシャイン横浜野毛

    ツクイ・サンシャイン横浜野毛
    横浜野毛

  • ツクイ・サンシャイン町田西館

    ツクイ・サンシャイン町田西館
    町田西館

  • ツクイ・サンシャイン成城

    ツクイ・サンシャイン成城
    成城

嚥下マッサージ

唾液をだして、飲みこみやすくします。こちらも一部ご紹介します。

  • ぐるぐるマッサージ

    ぐるぐる頬全体を両手で覆い、グルグルとマッサージ。

  • 顎の下マッサージ

    上から下へ耳の下からアゴの下までを指先で優しくマッサージ。

  • 顎の下からマッサージ

    アゴの下両手を親指をそろえ、アゴの真下から手を突き上げるようにゆっくり押し上げます。

ブラッシング

歯科医と協力。
ブラッシングの仕方なども歯科医・歯科助手から指導があります。

ブラッシング
  • POINT!
  • 『ブラッシングの順序』
  • 1. 歯の内側
  • 2. 歯の外側
  • 3. 上下のぶつかる面
  • ※ 1.2.を行う際は、歯ブラシを45分に傾けて。
周知方法など
  • サービス委員会、食事検討委員会を中心に訪問歯科医と毎月1回勉強会、会議を実施。小田原
  • 歯科衛生士が食後に各フロアを巡回、正しい歯磨きの仕方などを指導。保土ヶ谷
  • 定期的に口腔ケア勉強会を実施、職員だけではなく、お客様にも参加していただき、口腔ケアの重要性を広めています。古河あかやま
  • オリジナルのチラシを作り、口腔ケアの必要性を伝えています。三鷹深大寺
  • ツクイ・サンシャイングループの歯科衛生士による指導を忠実に行っています。会津若松仙台
三鷹深大寺のチラシ

ツクイ・サンシャイン三鷹深大寺のチラシ

「食事改善プロジェクト」
ポスター ポスター

食事改善プロジェクト」ポスター

食事形態・評価の標準化、適切な介助方法の習得、口腔ケアの必要性の理解・実施。
栄養士、機能訓練士、歯科衛生士が各施設を巡回し、研修を行っています。

  • 適切な姿勢、ポジショニングに注力。クッションの使用や向きの変更などを訪問歯科医とともに行っています。 主食、副菜の食事量を数値化し、職員がお客様一人ひとりに関わり、なぜその数値になるのかを考え、改善策を検討します。相模原
ツクイ・サンシャインでは、7段階の食形態でお食事を提供しています。

7段階(嚥下食を入れると8段階)に分かれているので、お客様の状態に応じて、細かく対応することができます。
口から食事をすることで、栄養を摂取しやすくし、免疫力向上や体力を増加させることができます。

  • 1.普通食
  • 2.普通食の一口(約2センチ)
  • 3.普通食の一口小(約1センチ)
  • 4.柔らか食
  • 5.柔らか食の一口(約2センチ)
  • 6.柔らか食の一口小(約1センチ)
  • 7.ソフト食(ざらざらしたペースト状)
  • -------------
  • 8.嚥下食(きれいなペースト<つぶなし>、ペーストにとろみをつけたもの、ゼリーなど )
  • 普通食

    普通食

  • 柔らか食

    柔らか食

  • ソフト食

    ソフト食

  • 嚥下食

    嚥下食

お住いの近くの施設はありますか?

老人ホーム・介護施設を探す
老人ホーム介護施設を探す お問い合わせの多いご質問にお答えします!よくある質問 「良い意味で、想像と違った」 見学にきたお客様の感想です。 施設見学について ツクイ・サンシャインの特徴・取り組み 詳しくはこちら Recruit 採用情報 ほぼ毎日更新 施設日記 毎日いろんなことを各施設が伝えています。

資料請求・見学予約はこちら

見学特典でご自宅まで無料送迎(要予約)、ランチ無料試食(要予約、11時〜12時)

見学特典でご自宅まで無料送迎(要予約)
ランチ無料試食(要予約、11時〜12時)

ツクイでローゴ 0120-291-605
受付時間 9:00〜17:00(年中無休)
0120-291-605
9:00〜17:00(年中無休)
  • 施設選びのご参考に! ホームで暮らすお客様の声
  • 土地活用で社会貢献 オーナー様募集
  • リビング・オブ・ザ・イヤー 2018 高齢者住宅経営者連絡協議会
  • 「認知症ケア部門」優秀賞 ツクイ・サンシャイン岡谷
ページの先頭に戻る