有料老人ホーム・介護施設のツクイ・サンシャイン ツクイは介護事業34年、介護付有料老人ホーム運営13年

脱水症

脱水症

日本において、「脱水症・熱中症」に気をつけなければならないピークは年2回。
1回目は、春から夏にかけて、2回目は、秋から冬にかけてです。

1回目:春から夏
暑くなり、温度も湿度も上がります。発汗で体液が失われますが、湿度が高いと汗が蒸発しにくくなり、体温が十分に下がりません。
発汗で脱水症が起こり、体温が下がらないので、熱中症が起こり、「熱中症を伴う重たい脱水症」になります。
2回目:秋から冬
寒く乾燥してくると風邪、インフルエンザ、ノロウィルスなどが流行します。これらの感染症にかかり、発熱、下痢、嘔吐などで体液が失われると脱水症になりやすくなります。

脱水症の発生件数

あなたは大丈夫?「かくれ脱水」

「かくれ脱水」とは、脱水になりかけているのに、本人や周囲がそれに気がつかない状態です。『屋内』『運転中』『夜間』などに起こりやすいです。
「かくれ脱水」かどうかをチェックする方法は次の通り。該当するものはありましたか?

脱水状態の場合、「富士山」のように盛り上がった皮膚がすぐに元に戻らない。
爪を押したあと、色が白色からピンク色に戻るまで3秒以上かかる。
尿の回数がいつもより減っていると脱水が進んでいる可能性がある。
尿の色が濃くなっている場合も水分不足かもしれない。
【その他】
●口の中が乾燥している ●舌が白いものに覆われている ●舌の赤みが強い ●舌の表面に亀裂がある ●皮膚に張りがない ●手足が冷たくなっている など

「脱水症」になる前に、まずは自分の体を理解しよう!

身体の「水分」と「電解質」が失われると・・・

身体のこと

身体の大部分は水分です。
成人は約60%、高齢者は約50%が水分と言われています。 身体に含まれる水分のことを「体液」。体液には、血液、リンパ液、消化液、組織間液(細胞と細胞の間を満たしている水)などがあります。 「体液」の主成分は、『水』。そのほかに、ナトリウム(Na)イオン、カリウム(K)イオン、カルシウム(Ca)イオンなどの『電解質』、ブドウ糖、たんぱく質、尿酸などの『非電解質』から構成されています。 体液は栄養素や酸素を運び、老廃物を運び出します。また、体温調節などの重要な役割を果たしています。
この体液が失われてしまった状態を「脱水症」といいます。

「水分」について

水分のバランスがくずれると。
普段は身体から出る水分と身体に入る水分のバランスがとれていますが、そのバランスがくずれると、必要な水分量が減ってしまいます。

集中力低下や食欲不振に。
血液(血漿)の量が減り、血圧が下がります。臓器を巡る血液量が減るので、必要な栄養素を配ったり、不要な老廃物を排泄したりする能力が落ち、集中力が低下したり、食欲が不振になります。

「電解質」について

身体にとって大切な役割を果たしている。
体液に含まれる電解質は微量ですが、身体にとって大切な役割があります。電解質はすみずみまで分布しており、神経・骨・筋肉、臓器の機能を正しく保っています。

水分が失われるのと同時に電解質も失われる。
電解質が失われると、体液のバランスが崩れます。
体液は、半透膜を境に、内液と外液があり、通常、濃さを統一するようにしていますが、電解質が失われると、それができなくなり、その結果、カリウムイオンやカルシウムイオンが不足してしまします。

脚がつったり、しびれ、脱力。
神経や筋肉に悪い影響がおき、脚がつったり、しびれや脱力が起きます。

まずは「かくれ脱水」にならないように。

  • なるべく暑さを避ける服装で、首に巻くクールスカーフなど、体温調節をする。

  • 扇風機などを使い、部屋の空気を入れ替え、暑さを我慢しない。クーラー等も活用。

  • 温度をみて、高温多湿を避ける。湿度は40から60%に保つ、特にエアコン時は注意が必要。

  • 栄養バランスと量を考えた食事。量が少なすぎると、必要な水分等が摂取できない。

  • 規則正しい水分補給。

ツクイ・サンシャイン
「ピックアップ!」

しっかり水分補給できるしくみをそれぞれの施設で考え、行動しています。
各施設、年間を通じて、脱水症対策をしています。
しかし、日本の夏は、地球温暖化やヒートアイランド現象など、脱水を起こしやすい環境を招いています。よって、夏に水分補給を強化する必要があります。
お客様の状態を考えながら、施設ごとに工夫して対応しています。一部をピックアップして、まとめてみました。

(写真は、ツクイ・サンシャイン足立のリストです)

お客様それぞれの一日の水分量をチェック。
毎日、お客様それぞれの水分量の確認をすべての施設が行っています。
数値化して、朝礼時、夕礼時に状況を報告。周知→確認→対策→改善を繰り返しています。
自力では水分を摂れない方には、特に配慮します。
  • 現状把握がとても大切です。そこから、どれくらい摂っている、どんなときに摂っているという平均値を算出。分析しています。足立
  • 横浜野毛では、翌日の朝礼時に報告、特に夏はチェックを強化しています。横浜野毛
  • 一日の水分量の把握をし、摂取量の少ない方には「イオンサポートゼリー」の提供しています。仙台

(写真は、ツクイ・サンシャイン御殿場の「朝のフレッシュジュースです)

ドリンクの種類を増やす
ドリンクバーを設置したり、専用グラスを用意して、ホテル風にしたり、「朝のフレッシュジュース」(御殿場)というおしゃれなものや、朝食時に日替わりの「モーニングドリンク」(会津若松)など、オリジナリティあふれる取り組みをしているのが、ツクイ・サンシャインの強みです。地域も違う、お客様の人数も違う、もちろん、お客様は一人ひとり違います。
  • 5月から9月末日ごろまで、日替わりで4種類の吸収率が良いイオン系のドリンクを提供しています。守山
  • 日替わりのジュースバーがあります。夏は、野菜ジュース、炭酸を追加して、種類を増やしています。富士
  • 「これを飲むのが楽しみ!」というお客様も。人気NO.1は「柚子茶」。大東
  • イオンドリンク、おすすめです。松山
  • セレクトドリンクには、紅茶、麦茶、緑茶、コーヒー、スポーツドリンク、ココアまであります。吉川
  • 1Fに給水コーナーがあります。種類はスポーツドリンク、お茶、コーヒー、紅茶で、フリードリンクで提供しています。三鷹深大寺
  • スポーツドリンクは1年を通して提供してます。
    6F・7Fには専用の給茶機を設置。他フロアも緑茶・コーヒー・紅茶・麦茶・ほうじ茶・スポーツドリンク・ココアを用意、ご希望のものを提供しています。コーヒーはコーヒーメーカーで本格的に。
    歌声喫茶のときは、元気良く歌っていただいた後、水分補給もかねて、有料ですが、ドリンクバーのように、お茶類、ジュースのほかノンアルコールのワイン・ビール・梅酒、グラスはワイングラスで提供しています。町田東館

「ご自由に」を大切に。
自由に水分補給できるしくみ。いつもその場所にあるのがわかるから安心できる。いつものお茶の時間を活用。そういうさりげない取り組みもあります。
  • 飲みたいときに飲みたいものを。自由に飲んでもらえるようにセッティング。成城
  • お茶の時間はおすすめしやすいので、その時間を活用しています。横浜戸塚
  • 電気ポットは危ないので、蓋つき水筒を各部屋に用意。給水機を自由に利用しています。相模原
  • 朝のドリンクバリエーションを増やしています。朝食時のドリンクは、牛乳・りんご・オレンジ・野菜・ヨーグルトのなど、日替わりで楽しめます。古河あかやま
  • 入浴後、すぐ飲めるようにお茶やスポーツドリンクを置き、おすすめしています。川崎宮前

(左はツクイ・サンシャイン保土ヶ谷の水分ゼリー、右はツクイ・サンシャイン郡山ののむヨーグルト)
保土ヶ谷

水分ゼリーの提供、ゼリー以外も。
各施設、厨房スタッフ手作りゼリーを用意。
味も一つではなく、何種類かあります。スポーツドリンクや紅茶ゼリーをグラスで提供するところもあります。
手を変え、品を変えて、かき氷やアイスクリームも登場します。
  • 全員にさりげなくゼリーを追加しています。町田西館
  • 摂取が少ないお客様には水分ゼリーで補給、つるっとしたゼリーは、夏の助っ人商品です。三浦
  • 脱水予防、便秘解消のために毎日、カスピ海ヨーグルトを提供しています。
    カスピ海ヨーグルトにオリゴ糖を入れて、のむヨーグルトに。
    きなこ粉やごまなどを入れたり、毎日飽きずに飲んでいただけるように工夫しています。郡山

手作りジュースつくり
  • 毎年夏前の梅の時期に、梅ジュースをみんなでつくります。岡谷
  • 料理クラブで、梅ジュースやヤマモモジュースなどを作ります。御殿場

個別に対応も。
ご家族からお客様の好きなものを聞いて、対応しています。
お客様のご要望がある場合も、健康上の問題がなければ、飲みたいものを飲んでいただいています。

(写真は、ツクイ・サンシャイン大東のポスターです)

水分摂取を促す「掲示物」の設置や「研修会」も。
各職員も必要性を理解し、意識的に取り組んでいます。脱水症や水分についての研修会も行っています。
  • みんなが健康を維持するための取り組みもしています。特に、入浴担当スタッフ、厨房スタッフは、冷房の効いた場所にいるので、スポーツドリンクの摂取、「塩あめ」「梅あめ」なども配布しています。会津若松
対策をすることで、こういう結果があらわれたところも・・・
  • 水分量が増え、比例して食事量も。
    ビタミン・食物繊維も増えたので、便因も改善された事例も。小田原

最後に。

自宅で、脱水や熱中症になり、入院。退院後、ツクイ・サンシャインへ入居。涼しく快適な場所で、栄養のある食事、リハビリ体操をしたり、病院への付き添いも。体調も回復傾向に向かっていくということも。
家にいると、暑くて、やる気が起きず、水分も摂らない、トイレに行くのさえ、億劫になるそうです。
生活リズムを整えることも大切です。(上越からの情報提供)上越

お住いの近くの施設はありますか?

老人ホーム・介護施設を探す
老人ホーム介護施設を探す お問い合わせの多いご質問にお答えします!よくある質問 「良い意味で、想像と違った」 見学にきたお客様の感想です。 施設見学について 笑顔はみんなを元気にする。Recruit 採用情報 ツクイ・サンシャインの特徴・取り組み 詳しくはこちら ほぼ毎日更新 施設日記 毎日いろんなことを各施設が伝えています。

資料請求・見学予約はこちら

見学特典でご自宅まで無料送迎(要予約)、ランチ無料試食(要予約、11時〜12時)

見学特典でご自宅まで無料送迎(要予約)
ランチ無料試食(要予約、11時〜12時)

ツクイでローゴ 0120-291-605
受付時間 9:00〜17:00(年中無休)
0120-291-605
9:00〜17:00(年中無休)
  • 施設選びのご参考に! ホームで暮らすお客様の声
  • 土地活用で社会貢献 オーナー様募集
  • リビング・オブ・ザ・イヤー 2017 高齢者住宅経営者連絡協議会
  • 「認知症ケア部門」優秀賞 ツクイ・サンシャイン岡谷
ページの先頭に戻る